2021/04/16

佐藤可士和 展



らくがき:犬と自然の中を疾走する。

ニュースはよく見るんですが、既視感のあるニュースを耳にしました。
それは一年前、大学の授業はオンラインを中心にすることや、時差出勤を推奨することなど、コロナが流行り始めた時の最初の対策と同じでした。

私の一年前のブログ記事:https://nanaekawahara.blogspot.com/2020/04/ は、コロナ禍での対策STAY HOMEを勧めるポスターデザインの話、コロナの影響の話で、当時は「一年後はコロナは結構落ち着いている(といいな)」という気持ちでした。ワクチンが一般の人のところに渡るのもまだまだ時間がかかりそうですし、自分を見失わない程度にコロナ禍の生活をしていきたいものですね。


最近のお仕事で、一枚ではなく色んなシーンがある中で総合の一作品、という自分でも何言ってんのかわかんないんですが、そんなようなのを制作しています。完成がすごく楽しみ。



少し前ですが、2月に国立新美術館で5/10まで行われている「佐藤可士和 展」に行った時の話をします。時代・・・というと失礼なのですが、その時代を象徴する人気・有名な一人と言えばいいのでしょうか、つまり佐藤さんの作品は、私が10代〜受験生の頃にちょうどSMAPのCDアートワークやKIRINの極生、HONDAのステップワゴンが常に話題になっていました。

なので観に行く前から感慨深いなぁと、ワクワクしながら観に行きました。


「佐藤可士和」という人物を知ったのはやっぱり受験生の時で、予備校ではイラストレーターよりアートディレクターの存在をよく教えられました。このステップワゴンの広告の絵は佐藤さん自身が描いていることに衝撃を受けました。アートディレクターも、描くんだ・・・と。まぁ当たり前なのですが。その時の私は「ADが描けちゃったらイラストレーター、いらんのでは」と思いました。



会場では写真を撮ってよかったので、思い出に浸りながら結構撮ってしまいました。SMAPもこんなに展開していたんだなぁと、いろんなこと思い出して。載せたいけど、まだ開催中の展覧会だし!私は結構グラフィカルな要素が好きで、ロシア構成主義やバウハウスのことも時々研究します。どこから好きになったんだろう?色合いとかは?と思ってたんですが、一番の影響は佐藤さんだったかもしれませんね。



ラストの方で、佐藤さんのアートも展示されています。
制作方法は異なっていても、広告の作品と同様緻密に向き合っているのを感じました。

5/10まで開催されているので、ぜひ。
時代を懐かしんだりもできますが、制作プロセスもあるのですごく面白い展覧会です。会場の隅々まで計算されていて、さすが佐藤さん!です。


「佐藤可士和 展」を観て・・・美術を専門的に勉強したての素直だった時(頭の回転は早くはないけど)を思い出して、その時学んだこと・感じたことを大切にしようと思いました。大切なことを書き残すノートがあるんですが、時々開くようにしています。頭を柔らかくするためだったり、余計なものを排除するためだったり、そういう時にすごく役立っています。

イラストの仕事は、受注なので指示があるため結構楽なんです。ここだけの話、あまり修正を受けるのも少ない方で。だけど、個人制作は苦労しています。自分で何をしたいか、どうしたいかをゼロから考えるのですが、時間がないとなかなか集中してできません。最近は、隙間隙間で考えたりするのでなんとなくですがこうしてみようという発想が出てきました。大切なこと書いてあるノートも助けてくれます。ポートフォリオを充実させたりグッズとかも定期的に出していきたいので、つながるように良い作品を作っていきたいです。




2021/03/26

2021年の春到来


桜も花開いてきて、もう春ですね〜
仕事の帰り、近所の夜桜を見てきました。
花の色はうすいピンク色なのに、写真撮ると白くなっちゃうの悲しみ・・・

前回のブログから一ヶ月くらい経ちましたが、最近は今やっている仕事に集中しています。リリースはまだ先ですが、どんな風になるのか今から楽しみです。一ヶ月の間の話(見に行った展示とか)は次回します。


私のデスク。
仕事のラフを描いてた時なのでぼかしいり。


少しお話です。

今年のGWに、高円寺のCLOUDさんで個展を開く予定でした。
お誘いいただいてすごく光栄でしたし大変申し訳ないのですが、諸事情で中止という決定をしました。必ずいつか展示をという約束で、一旦中止になりました。

SNSでは少し前にお知らせしていたので、このような結果になり残念ですが・・・
近いうちにまた個展や展覧会ができたらと思います。そのために地道に準備していきます。

ではまた、多分来週!

2021/02/19

石岡瑛子展と昭和関連の本たち

 今週はほとんどだらだらしてしまった・・・
すごく早めに提出してあとはゆっくりしながら研究しようとか、最近描いていなかった乳がんのnoteだったりをしよう!と思っていたんですが。おやすみ期間はおしまい。



石岡瑛子展「血が、汗が、涙がデザインできるか」先週の金曜に観に行きました。
まさか自分が生きている間に(おおげさですが笑)展覧会が行われるとは思ってもみなかった・・・いやもう最終週になってしまったけど、作品を総合的に観れてよかったです。
そしてメディアでも連日取り上げられたからか、著名人が行った報告をしていたからか、当日券を求める人々の長蛇の列!びっくりしました(私はあえてSNSで行ったことを言ってないです笑、みんな言ってて・・自分ひねくれてますね)。私はもう予約していかないと、このご時世なので絶対イヤです。


広告作品で、資生堂のホネケーキやパルコなど、石岡さん以外のと比べてみたいなと思ったり、東急のは私はリアルタイムで見てきたので感動でした。

このエリアやドラキュラ衣装のエリアでは観客も食い入るように観ていたのも印象的でした。
五輪の組織委員会会長の問題もちょうどあったので、ジェンダー的視点でも色々と思うことがあるような・・・

表現者として原点に帰るような、野生的になれるような、逆に新しく吹き込まれるような、久しぶりに不思議な感覚になる展示会でした。




最近買った本です。
デザインのひきだしはグッズ制作の印刷特集、「昭和スポット巡り」ブログやSNSで昭和を感じさせる建物や風景を紹介している平山雄さんの本『昭和遺産へ、巡礼1703景』、マッチ箱のカバーデザインを紹介している『マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス』を買いました。

印刷や紙の勉強に集中したく、デザインのひきだしから学んでいこうと思っています。

昨年ミニ個展でもテーマのひとつにした「昭和」
私はレトロなかわいらしさより、ちょっと泥臭い感じのレトロが好きです。見ていてドキッとしたりするもの。ネットではすぐに調べられるけど、本という物体で欲しかったので、研究材料にします。特に都心は、古いものがすぐ新しくなり、新宿ももうほとんどキレイで昔の面影がほとんどありません。過ぎ去ってしまうものはなんとしてでも残しておきたいものです。



アートレンタル『Casie(かしえ)』

アートをレンタルできる『Casie(かしえ)』にて作品を提供しております。

作品ページ:https://casie.jp/artlist/RB01597

Casieのウェブサイト:https://casie.jp/



最近、メディアでも紹介されているアートのサブスクリプション(定額料金制)『Casie』です。

コロナ禍でリモートワークが増えてきた中、部屋の中にワンポイントな感じで作品を借りて、気軽に飾ることができます。2021年1月現在、まだ1点ですが徐々に作品数を増やして行く予定です。

またご希望であれば、作品の購入も可能です。
作品によっては非売品もありますが、私の作品は全て購入可にします。
(※その場合はレンタル時の料金と買取料金は異なります。)

ぜひご利用ください〜



2021/02/18

GIFTED by PARK GALLERY



展示会でいつもお世話になっております、PARK GALLERYさんにて『GIFTED(ギフテッド)』という企画に参加しております。
https://parkgifted.thebase.in/


===========
■以下、PARK GALLERYさんGIFTEDページ内「About」より引用:

パークギャラリーによる新企画『ギフテッド』は、アーティスト・クリエイターたちによる『表現』=『アート』と、伝えたいことや届けたいものがあるひとたちの『気持ち』=『ギフト』つなぐためのドネーションプロジェクト。

ポストカードというシンプルなアートピースの制作と売り買いを通じて、コロナ禍で活動の自粛を強いられているアーティスト・クリエイター、そして若い作家の集まる場として長年営んできたパークギャラリーの支援を行なっていきます。

まず、活動の場を探しているアーティスト・クリエイターのみなさんに協力をいただき、ポストカードを作成。できたものからパークギャラリーの店頭やオンラインショップで販売していきます。売り上げは作家とギャラリーへの寄付となり、活動の支援となります。

そして、アーティスト・クリエイター、パークを支援したい人は、お気に入りのポストカードを購入し、手紙として積極的に誰かに送ってあげてください。使ってみてください。そうすることで誰かのポストカードが誰かにとっての『ギフト』となって、いろいろな人の手へと渡っていきます。その小さな連鎖がファンを増やし、今後のアート・カルチャーの強い下支えになると考えます。いいねやシェアのリアル版ですね。

たくさんのお金が動く寄付ではありませんし、とってつけたような些細なアイデアかもしれませんが、かつてニューヨークのレストランでバスキアがアンディ・ウォーホールにポストカードを売った時のような可能性を秘めていると信じています。

そして GIFTED という言葉のとおり、ここに並ぶ才能のあるアーティスト・クリエイターたちの作品を堪能してください。

全て1枚300円(+TAX)での販売です。売上については、100円が作家、100円がパーク、100円が送料や印刷費などの経費になります。

===========
私は3種類ほど、提供しております。
昨年2020年のミニ個展で、展示販売していた作品の一部から選びました。





#36 河原奈苗 (2)





各作品ページにて、作品解説を載せています。

ぜひご利用くださいませ!

2021/01/29

Otamatone


関東、いきなり雪降ったりしていますが乾燥している日々が続いていますね〜
手、というか全身も体内もかっさかさです。

乳がんのホルモン治療を受けて一年がすぎました。
深刻な副作用はありませんが、更年期症状のホットフラッシュが冬だと寒暖差の関係で結構辛いです(笑)。以前より疲れやすくなった感もある。これは歳のせいじゃない、ゼッタイ。てか歳のせいにする年齢でもない、カクジツニ。そのため時折ですが、試していることがあります。最近乳がんレポも出不精で描いてませんが、もうすぐ新しいのを描きますね!

こんなこともあるよ〜やってるよ〜という気楽な感じでお送りしたいと思います。


先日Twitterで話題になっていたオタマトーン。
(スペインのオーディション番組で使われていました)

10年くらい前、発売当初「ほしい!」と思っていたけど忘れてしまい、今回すぐに注文をしてゲットしました。部屋で演奏していたら母までも挑戦してみたいと言うので...もう一台!
おもしろいけど、むずい。です。


そのスペインのオーディション番組はこちら。
トゥーランドットできるオタマトーンかっこよいです!
練習がんばろ。





今日からSUZURIがスマホケースのセールをしています。
iPhone 12シリーズに対応の記念セール。
全スマホケースが『700円引き』になってます。

最近SUZURIのキャンペーンに参加できていなかったので、お知らせをしました。そして私は昨年の終わりについに初代SEからiPhone 12のminiに変えました!すっごいサクサク!
SUZURIで自分用買おうかな。
ぜひこの機会にお求めくださいませ〜


期間:2021年1月29日(金)12:00〜2月5日(金)23:59
ご購入はこちらにて:
https://suzuri.jp/nanaekawahara/omoide/76332
(スマホのラインナップまとめました)
作家のアイコンクリックするとほかのアイテムもみれます。





最近撮った写真や、ほかのお話です。


近所のコーヒー屋さん。
店先に季節やイベントの彩りを加えている。クリスマス、お正月を終えて、冬仕様・・・?かな。このようなことをしていると知ってからまだ店主に会っていない(通りすがる時なので)。その前に私のピンク髪にびっくりするんじゃ




夕方〜夜にかけて。この時間帯ってグラデーションがすごい綺麗ですよね。



きゃりーぱみゅぱみゅさんのお誕生日絵。
今日なんですね、そして新曲「ガムガムガール」のリリース
そして今年はデビュー10周年。
さっき10周年のサイトを見ました、新しい扉が開いている感じでした。
MVも(プリキュアのような、と言いたい笑←違うし)アクションの迫力満点で
雰囲気がよく昔カンフーやアクションもの見ていたころのを思い出して、
最初の部分でAaliyahのTry AgainのMV思い出したり楽しかったなぁ。

・・・という感じでした!
ここにて今日を終えます、ではでは〜


2021/01/22

ドーナツ<たいやき


ドーナツの箱を開封した時。
大きいわんこは手を伸ばしますね、ナナ(白黒二匹とも)は飛びついたりはなかったけどさりげなく頑張って鼻を鳴らしていました。

ドーナツ。
特別好きではないけど、食べたいなーってつぶやいてしまう。
あえて自ら買うフードはたい焼きが多いです。

日々ドロ、ドーナツをひっぱりすぎてネタがなくなりました。
ここ数日描いてないです。別のものを描きます。

いつもだったら今の時期ドイツ人の友達が日本に来ているなーとか、友達と舞台を見に行ったりここ数年は好きな海外アーティストのライブ行ったりが多いのですが、本当にどこもでかけていないです。ひとつありますが、先日寺家ふるさと村にあるJIKE STUDIOへ。イラストレーターの村田恵理さんの「ムラタハリコ展」へ行きました。ご本人もハリコの制作をしていて、村田さんに会うのは実際2回目でしたが久しぶりに同じ業種の方とお話をして盛り上がってしまいました。終わりの日程に行ったので今回はハリコをお迎えできなかったけど、次また展示がある時は、部屋に飾っているHorrible Adorablesさんの壁掛けオブジェの周りに合うハリコさんがいたらぜひお迎えしたいです。




 ZINE「LETTER -Make Your Own Zine-」ですが、
MOUNT ZINE SHOPさんにて販売中です。

1/13よりMOUNT ZINE 20がスタートし、引き続きです。6月頃までになります。
LETTERシリーズは思い切って自由に作っているのでそろそろ次のZINEを作る予定。
今度MOUNT ZINEにも伺おうと思います。

ほかには・・・NEWSでもお知らせをしていますが、雑誌にてイラストカット描きました。
「歯科衛生士」「kodomoe」「OZ magazine」の三冊。
ぜひ書店にてご覧ください。


まだ内容など決まっておりませんが、今年のゴールデンウィーク期間に都内で展示をすることが決まりました。よろしくお願いします。

WORKS: スターツ出版『OZ magazine』 2021年2月号文具特集イラスト


2021年1月12日発売
スターツ出版『OZ magazine』2021年2月号
「文具の楽しみ」特集にて、イラストを担当しました。



17点のイラストカットが、各ページに散りばめられています。
動物(犬は白ナナともう一匹、猫二匹)と文具、女の子(ショートヘアとロングヘアの二名)と文具という組み合わせで描いているので、探してみてください。

特集内容もずっと眺めていられる、そしてめちゃくちゃ買いに行きたくなる(こんなご時世だけど気持ちは・・!)そんな一冊になっております。地元に伊東屋があるので私も買ったり探したりをします、銀座伊東屋も載っているので嬉しい。また、個人のお店さんもたくさん載っていて、落ち着いたらぜひ入ってみたい場所ばかりです。


カットのひとつ。
友達に「読んでいたらナナがいて嬉しいね!」と言ってもらえました◎

オズマガジンさんは、2018年の鎌倉特集でお世話になっていて今回が二回目でした。本当にいつも楽しいご案件!ありがとうございます!!

 

WORKS: 白泉社『kodomoe』2021年2月号特集ページイラスト

2021年1月7日発売
白泉社『kodomoe(コドモエ)』2月号
特集ページ「kodomoeいいもの大賞2020」の扉絵・イラストカットを担当しました。


トロフィーがどん!と、その周りで猫さんたちがごろごろしている様子で、
こっそりとうちの犬のクーたんと白ナナも描かせていただきました。




ほんわかできる優しい一冊です。
書店で購入できます、ぜひ!



WORKS: クインテッセンス出版『歯科衛生士』2021年1月号連載イラスト


2021年1月10日発行された専門誌
クインテッセンス出版『歯科衛生士』にて始まりました連載のロゴイラスト・イラストカットを担当しました。
掲載ページは、歯科衛生士さんのさまざまな活動を紹介する連載「Spark Joy! DH」です。



元気なイメージで!とのご依頼でした。
連載の内容を想い、ロゴや、紹介されている歯科衛生士さんの顔周りやちょっと私の犬の白ナナも踊らせてみたりして、POPで自由な雰囲気を出しました。




お見かけしましたら、ぜひチェックしてみてくださいね!

2021/01/08

2021年

 

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。2021年丑年、私の干支です。
そして本日私はひとつ年をとりました。
変に今年の抱負とかきばるより、今やるべきことを少し先を見据えて行動しようと思います。なんせ予定通りにはうまくいかないもので(私の要領が悪い)。


友達からバースデーカードがちょうど誕生日に届きました。
嬉しい〜〜ありがと!

昨年に続き、コロナウイルスが猛威をふるっており日々心配で不安な日々が続いています。私は週に2日ほど新宿のFEWMANYさんで働いておりますので、最低限の注意を払ってはおりますが気をつけて参りたいです。収束に向けて、ワクチンを待つことも大事ですが人間も互いに協力しあって過ごしていきましょう。先日再放送で観た「義母と娘のブルース」で、あきこさんが戦国時代と今を比べて話していたんですが、私も最近第二次世界大戦中のことを想うと、コロナの状況下の苦しさなんて小さすぎると思ってしまうんですよね・・・私はもともと性格的にも職業的にも引きこもってて大丈夫なのですが。


トップにある画像は今年の年賀状向けに作りました。
1月1日明けてから描いたものです。年賀状の準備がなんとなく遅れてしまい、今年は送ってくださった方へお返しするような形になってしまいました。欧米の友人からはどんな状況でもちゃんと時期に届くのに・・・ということに昨年初めて気づきました。見習います。そう考えると日本人にとって年末年始は昔ほど重要になってないのかもしれませんね。住んでいる地域にもよるかもしれませんが。私自身、年々お正月が地味な存在にはなってきました。でも今年からでも、行動に移そうと思います!



昨年制作した作品には昭和からのインスピレーションが目立ちました。
元旦に新聞を読んでいたのですが、トップ記事にこのようなものが。
作家の加賀乙彦さんのお父様が撮影した映像のデジタル化についてのお話が載っていて、興味深く読んでいました。

YouTubeの、東京新聞チャンネルにてその映像が観れます。


宝塚のは最古のカラーだそうです。また、戦前の自由さが着物・洋服や人々の生活から感じとることができます。新宿のムーランルージュのネオンが映っているのとか、嬉しいですね。

最近、平成生まれだけど昭和(昭和歌謡とか)を語る若い方が増えてきているそうです。昭和後期生まれで平成育ちの私にとって興味津々な昭和は1970年代をはじめ(このあたりは10年前から興味ありました)、最近は戦後1945〜1950年代の生活も気になっています。つながる意味では昭和を越えて大正にも行くと思いますが・・・昔の風俗・ファッションや娯楽は今と違って面白いです。そうやって歴史を学んでいくんでしょう。


今年は地道に日々ドローイングも行っていきます。
昨日アップしたものはこちら。procreateでささっと描いたもので、年賀状のココアに繋がるように、カフェでノートをつけている図です。「アイデアスケッチ」


2019年から使い始めたiPad、そのソフトのprocreateはだいぶ慣れてきました。
今年はPhotoshopのFresco、アナログでは水彩絵の具(普段はアクリルガッシュ)をこなして行く予定です。テクスチャの感じられる絵柄が好きなので、デジタル・アナログともに試したい。