2222/02/22

▶︎ NEXT EVENT・これからの予定

NOW

NEXT


▶︎乳がんになった話「にゅうがんとわたし」
https://note.mu/nanaekawahara/m/m6b3f1d34670b
▶︎OLD BLOG: https://barbaratics2010and2011.blogspot.com/
▶︎More check on: Twitter and Instagram

▼終了のイベント(ありがとうございました!)▼
2020年:

2021/06/11

散歩で見ているもの


早くも6月の中頃に。
先日ご近所さんの犬をあずかりました、名前はラム。ナナとは友達。
久しぶりに半日ですが家に犬がいる楽しい日でした。



ラムはナナの友達。これは10年前、ナナと。





前に散歩の話をしましたが今も続いております!

歩数計も買いました。

歩くスタイルも、抑揚をつけたりランニングをしてみたり、

地元を散策したりと変えています。

コロナ前でも展示を見に行った時なんか都内をよく歩くので、改めて、散歩お好きなんですねぇ(相棒の右京さん風の語尾)。



地元のお店のことを日々の絵として描いてます。

先月はココロベーカリーと荒田珈琲、両店ともここ数年の間にオープンした新しいお店です。



ココロベーカリー:https://cafe-25765.business.site/
初めて行ったときは夕方だったのでカレーパンを。揚げたてではありませんでしたがサクサクでしっかりとしていてカレーもおいしかったです。お焼きもあったので今度はそれを・・!



荒田珈琲:https://aratacoffee.jp/
コーヒー豆は近所の珈琲屋さんで買ってはおりますが、私が荒田さん気になっていたのとちょうどコーヒー豆を切らしたので行ってきました。


ストレートのタンザニアAA(深)200gと、テイクアウトで深入りブレンドを。コクがあってまったり美味しかった〜お店ではケーキやベーグルサンドもあるのでイートインしてきます!




気になる風景や植物を写真に記録したりすると発見があります。

そして帰宅したらコーヒーを一杯飲みながら動画を見て休憩、という感じです。実はもっぱらプリキュアシリーズ観ているんですが(昨年仕事の関係で見たのがきっかけ)、昨年の秋から順番に見始めて、今12作目の「Go!プリンセスプリキュア」です!

秋くらいには全部見れるかな・・今年のミッション。プリキュア観たら、鬼滅の刃を見ようと思っています(謎のルール)。



2021/05/07

毎日の散歩をはじめた


今年もゴールデンウィークに緊急事態宣言が重なってしまいました。

みなさんはどのように過ごしたのでしょうか?
私はがっつり休めない日程だったので、籠ってずっと仕事していました。

NHK WORLDで放送された「Reading Japan」観ていただけましたでしょうか?
https://nanaekawahara.blogspot.com/2021/05/works-reading-japan-changing-to-short.html
約一ヶ月ほどコツコツ描いていたお仕事がリリースされて嬉しいです。
今年の10月29日までアーカイブあるので、ぜひご覧ください〜

一方でお店の仕事は、テナントが休館なのでしばらくないです。都内なので・・・内心ホッとしてます。平日でもコロナが流行っていても人が多い新宿だし、行く時は緊張感持ってるんです。


そして、外に出ていなかったせいか少し太ってしまいました。
どっちにしろ在宅ワークで外に出ない方が多いので、対策を練らねばと思っていたのでいいタイミングでした。仕事以外の絵もまったく描いてなかったし、いざ描こうと机に向かうと何描けばいいのか本当にわからないんです!昨年ミニ個展をやっていた私どこいったー?って感じです。仕事は「これ描いて!」と決まっているから、楽なんですが・・ここで自慢jy・・ですが、私あまり大きな修正出さないイラストレーターです(ドヤァ)

まずは歩くことから。
iPhoneにヘルスケアというアプリが入っているんですが、それをたまたま見たら歩数が表示されていました。常に身につけていないと記録されないので確実な結果ではないんですが、外出した日(この間ニトリ行ったので)は1万歩以上、バイトがあった日(先月・週二日)は大体5千歩/日、という感じでわかったので、5千歩前後を目標に毎日運動することにしました。Apple Watch買おうかな。

結構ブレーク入れないのですが(それが良くない)仕事の途中でも、夕方17:30〜18:00になったら「さぁ!」と立ち上がって歩くようにしてます。雨の日は「さぁ!」と部屋でストレッチとかしましょうかね〜。


昨日はここへ。
近所です。近所に、森(林?)があります。

「もえぎ野ふれあいの樹林」地元の方が、定期的に集まって管理したり季節の木や花を植えたり、自然の生物を見守ったりしています。夏になると蚊が出るので、出ないうちに・・・


てっぺんまでくるとこんな感じに景色が見れます。
おそらく冴えた日には高尾山とか見えるはず。

私の住んでる地域、たまにもぐらや狸を発見することがあります。あと、いたち?
将来どこに住もう・住んだらいいかなと思うこともあるのですが、この地域ずっとこのくらいの環境だったらもう少し考えてもいいかな〜。奥の方には寺家ふるさと村もあるし、変に発展しないで欲しい。

とある近所にある駐車場の一角なんですが、この季節いつもキレイ。



2021/05/01

WORKS: Reading Japan - Changing to Short Sleeves(今年はじめての半袖 山本文緒著)



NHK WORLD『Reading Japan』

日本の小説を英語朗読し伝える番組で、4月29日・30日に放送された回では
山本文緒さんの作品『今年はじめての半袖』を紹介しました。

今回、その朗読に当てるイラストを担当しました。
ディレクター:天野静香
プロデューサー:楢崎匡
制作:NHKエンタープライズ、ディレクションズ


『今年はじめての半袖』は、角川文庫より出版の短編集『絶対泣かない』の中の一作品。
制作前に読んだのですが、お話は失恋をした主人公「私」が、退職し新しい仕事を始めるという時系列の中での重かったりする「私」の感情と周りの人々との関わり、そしてラストに見えてくる小さな光。読者を身近にあるような、感情移入するお話です。


番組は英語なのですが、元の日本語版の作品と併せて観るのもおすすめします。
前編・後編と分かれて放送しており、テレビでの放送は終了したのですがウェブサイトにて今年の10月29日まで閲覧できます。


【番組情報/ Information of the programme】
Reading Japan
■broadcasted on NHK WORLD: 2021. 4/29 and 4/30.
※初回放送:2021年4月29日、再放送:2021年4月30日

■Available to watch on the website until 2021. 10/29 Fri.
※10月29日(金)まで以下ウェブサイトにて閲覧可能
PART 1: https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/special/episode/202104291410/
PART 2: https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/special/episode/202104291510/




シーンを描く仕事でしたので、枚数的には約60近くありました。
水彩・ガッシュを併せて描いた原画の写真です。
シチュエーションが多いけれど、メインは「私」の感情なので抽象さをどう表現するかなどを踏まえて描きました。動かすところではトレーシングペーパーを重ねたりしました。
ディレクターの天野さん、素敵に制作してくださり、ありがとうございました!



2021/04/16

佐藤可士和 展



らくがき:犬と自然の中を疾走する。

ニュースはよく見るんですが、既視感のあるニュースを耳にしました。
それは一年前、大学の授業はオンラインを中心にすることや、時差出勤を推奨することなど、コロナが流行り始めた時の最初の対策と同じでした。

私の一年前のブログ記事:https://nanaekawahara.blogspot.com/2020/04/ は、コロナ禍での対策STAY HOMEを勧めるポスターデザインの話、コロナの影響の話で、当時は「一年後はコロナは結構落ち着いている(といいな)」という気持ちでした。ワクチンが一般の人のところに渡るのもまだまだ時間がかかりそうですし、自分を見失わない程度にコロナ禍の生活をしていきたいものですね。


最近のお仕事で、一枚ではなく色んなシーンがある中で総合の一作品、という自分でも何言ってんのかわかんないんですが、そんなようなのを制作しています。完成がすごく楽しみ。



少し前ですが、2月に国立新美術館で5/10まで行われている「佐藤可士和 展」に行った時の話をします。時代・・・というと失礼なのですが、その時代を象徴する人気・有名な一人と言えばいいのでしょうか、つまり佐藤さんの作品は、私が10代〜受験生の頃にちょうどSMAPのCDアートワークやKIRINの極生、HONDAのステップワゴンが常に話題になっていました。

なので観に行く前から感慨深いなぁと、ワクワクしながら観に行きました。


「佐藤可士和」という人物を知ったのはやっぱり受験生の時で、予備校ではイラストレーターよりアートディレクターの存在をよく教えられました。このステップワゴンの広告の絵は佐藤さん自身が描いていることに衝撃を受けました。アートディレクターも、描くんだ・・・と。まぁ当たり前なのですが。その時の私は「ADが描けちゃったらイラストレーター、いらんのでは」と思いました。



会場では写真を撮ってよかったので、思い出に浸りながら結構撮ってしまいました。SMAPもこんなに展開していたんだなぁと、いろんなこと思い出して。載せたいけど、まだ開催中の展覧会だし!私は結構グラフィカルな要素が好きで、ロシア構成主義やバウハウスのことも時々研究します。どこから好きになったんだろう?色合いとかは?と思ってたんですが、一番の影響は佐藤さんだったかもしれませんね。



ラストの方で、佐藤さんのアートも展示されています。
制作方法は異なっていても、広告の作品と同様緻密に向き合っているのを感じました。

5/10まで開催されているので、ぜひ。
時代を懐かしんだりもできますが、制作プロセスもあるのですごく面白い展覧会です。会場の隅々まで計算されていて、さすが佐藤さん!です。


「佐藤可士和 展」を観て・・・美術を専門的に勉強したての素直だった時(頭の回転は早くはないけど)を思い出して、その時学んだこと・感じたことを大切にしようと思いました。大切なことを書き残すノートがあるんですが、時々開くようにしています。頭を柔らかくするためだったり、余計なものを排除するためだったり、そういう時にすごく役立っています。

イラストの仕事は、受注なので指示があるため結構楽なんです。ここだけの話、あまり修正を受けるのも少ない方で。だけど、個人制作は苦労しています。自分で何をしたいか、どうしたいかをゼロから考えるのですが、時間がないとなかなか集中してできません。最近は、隙間隙間で考えたりするのでなんとなくですがこうしてみようという発想が出てきました。大切なこと書いてあるノートも助けてくれます。ポートフォリオを充実させたりグッズとかも定期的に出していきたいので、つながるように良い作品を作っていきたいです。




2021/03/26

2021年の春到来


桜も花開いてきて、もう春ですね〜
仕事の帰り、近所の夜桜を見てきました。
花の色はうすいピンク色なのに、写真撮ると白くなっちゃうの悲しみ・・・

前回のブログから一ヶ月くらい経ちましたが、最近は今やっている仕事に集中しています。リリースはまだ先ですが、どんな風になるのか今から楽しみです。一ヶ月の間の話(見に行った展示とか)は次回します。


私のデスク。
仕事のラフを描いてた時なのでぼかしいり。


少しお話です。

今年のGWに、高円寺のCLOUDさんで個展を開く予定でした。
お誘いいただいてすごく光栄でしたし大変申し訳ないのですが、諸事情で中止という決定をしました。必ずいつか展示をという約束で、一旦中止になりました。

SNSでは少し前にお知らせしていたので、このような結果になり残念ですが・・・
近いうちにまた個展や展覧会ができたらと思います。そのために地道に準備していきます。

ではまた、多分来週!

2021/02/19

石岡瑛子展と昭和関連の本たち

 今週はほとんどだらだらしてしまった・・・
すごく早めに提出してあとはゆっくりしながら研究しようとか、最近描いていなかった乳がんのnoteだったりをしよう!と思っていたんですが。おやすみ期間はおしまい。



石岡瑛子展「血が、汗が、涙がデザインできるか」先週の金曜に観に行きました。
まさか自分が生きている間に(おおげさですが笑)展覧会が行われるとは思ってもみなかった・・・いやもう最終週になってしまったけど、作品を総合的に観れてよかったです。
そしてメディアでも連日取り上げられたからか、著名人が行った報告をしていたからか、当日券を求める人々の長蛇の列!びっくりしました(私はあえてSNSで行ったことを言ってないです笑、みんな言ってて・・自分ひねくれてますね)。私はもう予約していかないと、このご時世なので絶対イヤです。


広告作品で、資生堂のホネケーキやパルコなど、石岡さん以外のと比べてみたいなと思ったり、東急のは私はリアルタイムで見てきたので感動でした。

このエリアやドラキュラ衣装のエリアでは観客も食い入るように観ていたのも印象的でした。
五輪の組織委員会会長の問題もちょうどあったので、ジェンダー的視点でも色々と思うことがあるような・・・

表現者として原点に帰るような、野生的になれるような、逆に新しく吹き込まれるような、久しぶりに不思議な感覚になる展示会でした。




最近買った本です。
デザインのひきだしはグッズ制作の印刷特集、「昭和スポット巡り」ブログやSNSで昭和を感じさせる建物や風景を紹介している平山雄さんの本『昭和遺産へ、巡礼1703景』、マッチ箱のカバーデザインを紹介している『マッチ・ラベル 1950s-70s グラフィックス』を買いました。

印刷や紙の勉強に集中したく、デザインのひきだしから学んでいこうと思っています。

昨年ミニ個展でもテーマのひとつにした「昭和」
私はレトロなかわいらしさより、ちょっと泥臭い感じのレトロが好きです。見ていてドキッとしたりするもの。ネットではすぐに調べられるけど、本という物体で欲しかったので、研究材料にします。特に都心は、古いものがすぐ新しくなり、新宿ももうほとんどキレイで昔の面影がほとんどありません。過ぎ去ってしまうものはなんとしてでも残しておきたいものです。