2020/09/05

個展『夏・夜・思』ありがとうございました



ミニ個展『夏・夜・思』が9/2(水)に無事終了しました。
画像はメインビジュアルに使用していた作品「かけら」の原画です。

今年はこのような状況だったにもかかわらず、期間中多くの方にお越しいただきました。会場に設置した感想ノート以外にSNSからも感想を頂き、大変励みになりました。本当にありがとうございます。




FEWMANYギャラリー会場は、このようなスペースになっています。
店内は通り抜けれるような構造で、真ん中にレジ。レジ周りがギャラリースペース。

期間中は、通販も試みました。
緊急事態宣言解除後、6月からマルイアネックスは営業を再開し、FEWMANYは様子をみつつギャラリーの展開の再開準備をしておりました。それに合わせてウェブショップも始めてみるとのことで、今回展示会の商品も販売するということになりました。
通販にて、商品・作品をお買い求め頂き、本当にありがとうございました!

この状況下での個展はいつもと違うと思っていたのですが、そんなことはなく、だんだんともっと観に来て欲しい!という気持ちも強くなってきました。お客さまの足取りは多少はコロナの影響はありましたが、特にギャラリー等観にくる方は安全対策をしっかり行っていることもあり、DMを全く配っていなかったけれども観に来てくださる方が多くて嬉しかったです。感想ノートに、私の友人がリツートしたので知って来られたという方もいらっしゃいました!感謝〜。

個展、また近いうちにできたらいいなと思っています。
東京以外でも、他の地域でもしたいと思っています!…場所をあまり知らないので、お誘いお待ちしています。9月のコミティアも中止で11月のデザフェスもどうなるかわからないので、結局は今年はもうイベント事はおしまいかな…と思います。コミティアはエアコミティアというオンラインでの催しをするので、5月に続き私も参加します。



本当にありがとうございました〜。
このピンクの建物っぽいのは…



モデルとなった建物が、新宿二丁目にあります。レトロですね、大通りからでもおっ?という感じです(一階にモックというバーがあります)。個展終わりにこのあたりを回って建物とか看板を見ました。



太宗寺にいた猫さん。
犬の匂いプンプンの私のところに甘えて来てくれた(笑)。




色合いや、文字の形も気になりながら。でもあまりパシャパシャ撮るのは、ご迷惑なのでちょっとずつ。このあたりは元赤線地帯で、近年はゲイバーのお店がメインです。お酒飲めないので気軽にバーとか行かないんですが、いつか行ってみてもよいでしょうか?

ランプとか、雑多に並んだ看板たちが可愛らしいです。新宿の歴史に興味津々の私ですが、友人には平成の原宿の名残りを感じさせる作品と評価もらいました。ゴテゴテの原宿系ではないけど、原宿が好きで10代〜20代の頃よく行ってアクセサリーとか買ったという人たちが絵の中にいるみたいです。なるほど〜面白いので自分でも調べてみようと思います。

2020/08/28

FEWMANYさんでのミニ個展のおはなし

 


一週間前、新宿マルイアネックス 3Fにありますショップ&ギャラリーのFEWMANYさんにて、ミニ個展がスタートしました。
いつの間にか後半ですね〜


展示詳細記事(https://nanaekawahara.blogspot.com/2020/08/exhibition.html)にも加えましたが、展示期間中は作品・グッズをFEWMANYさんのWEBSHOPでも販売しております!遠方の方はもちろん、予定が合わない方、そして今年はこの状況の中外出するのが億劫な方もお気軽にご利用くださいませ(送料をお支払いいただいてしまうことになるのですが、本州にお住まいであれば、一律660円ですので交通費と変わらないというケースもあったり)。本当でしたら、現場で生の作品をゆっくり見ていただいてもらうのが本望ですが、臨機応変に各々が対応していくという今の状況も悪くないのではないでしょうか。ご質問等ございましたら、直接私かお店にお問い合わせください!

FEWMANY 新宿店 WEBSHOP:
https://fewmany-shinjuku.stores.jp/



今回お声がけいただいたFEWMANYの本社スーパーパワーズの竹尾社長に、感謝致します。お誘い受けて制作期間が約一ヶ月ちょっと、個展がひさしぶりということもあり搬入日が近くにつれ緊張と不安が募っていました。その分準備にかなり集中し、1点1点とても良い作品ができたなと思いました。

展示タイトル【夏・夜・思】は、個人制作をするにあたり「夏」の「夜(昼間は仕事のため、個人制作は夜ということ)」に自粛期間中に読んだものや観た作品等から「思」うことから構成されています。展示コンセプトについてのキャプションを作るのを忘れたのですが、今日感想エリアに徒然と書いたので気づいたらそちらもぜひお読みください。

こちらでも書かせていただきます。


自粛期間中に家にいてネットサーフィンが増えたり、ネットフリックスのようなサービス・YouTubeを見まくったりした人が多かったのではと思います。私もそうなのですが。おすすめとしてたまたまこんな動画を見まして:https://youtu.be/xDcyg9DIceQ


そういえば昔の新宿ってタカシマヤの方はちょっと荒んでいて(そして臭い)、おっかなくて渋谷や原宿のように遊びに行けなかったなぁということを思いだしました。私が初めて友達と遊びに行った時、高校の頃は(すでにタワレコがあったと思うんですが)新しいタカシマヤを見ただけですぐに原宿へ移動した記憶があります。全然調べてなくて歌舞伎町の位置もスタジオアルタの位置も知らず。そんなことを思い出し、昔の新宿について調べ始めました。


今でもエンターテイメントや風俗も含めて色んなものに長けている街ですが、昔から歓楽・ショッピング・赤線青線・ドヤ街などめちゃくちゃカオスだったことにすごく興味が湧きました(さらに昔は、内藤新宿)。以前から時々花街に興味は持っていました。新宿の場合だと親はそのような時代を知っているし、下手すると名残が残っていて今も見れるのではないかと思ってて。とはいえ、今の新宿は見違えるほどキレイになりそんな過去があるのは知らない人が増えたと思います。カオスな部分は表立って紹介されるようなトピックではありませんが、その時代に様々な事情で生きた人たちがいたということは記録・記憶するべきだなと思います。



新宿には昔「ムーランルージュ新宿座」という劇場がありました。
私のおばあちゃん(祖母)とおじいちゃん(祖父)はそこで俳優として活動をしていました。おばあちゃんの芸名は南部雪枝、祖父は藤尾純という芸名でした。・・祖父は私が小さい頃に亡くなったので一度も会ったことないですが(そもそも離婚をしたので私も母もわからないそうです)、学校でおじいちゃんおばあちゃんに戦争の話を聞くという祖母が「満州に慰問に行き、日本軍の傲慢な態度はひどかった!」「戦争中とはいえ、パフォーマンスや歌をするのにもんぺなんか着るものか」と言っていた記憶があります(予想外の話の内容で?が飛び交った記憶です。ちなみに後者は歌手の淡谷のり子さんもおっしゃってましたね、祖母はお世話になったと言ってました)。そんな話があるのですが、ムーランルージュ新宿座の存在だって語らなければ忘れ去られることですので、ここでこうやって書こうと思いました。うーん私も気づくのが遅いですが・・・。ちなみに約10年前に「ムーランルージュの青春」という映画があったそうです。公式サイト:http://shinjukuza.com/

上映は今されておらず、サブスクにもないのでまずはDVDを買う感じですかね〜。

ムーランルージュ新宿座のあった場所は新宿国際劇場を経て、現在はドンキホーテです(だいぶ変わった)。昨年ドイツから友達来た時、この隣のゲーセンで遊んだけど・・・


そんなことからムーランを交えた作品も、展示しています(上の画像)。
加えておおおばちゃん?は、荒川おとめ(乙女か、をとめかは不明)という名前で松竹楽劇団SKDにいたそうです。水の江瀧子さんの相手役?
おばあちゃんの遺品、まだあるそうなので何が残っているか気になっていてムーランルージュのこととかないかなと思っています。過去に女優をしていた頃の写真は見たことあったけど、美人でした・・・私と顔を変えてほしい笑。

ムーランのことだけで長くなったのですが、他の作品には、いつも通りに犬やぬいぐるみとかを描いているものもありますが、赤線について触れているような作品もあります。男女どうのこうのより、女性たちの心の中の何かというより、こんな感じだったかもしれないという雰囲気に描いています。自粛期間中は溝口健二監督の「赤線地帯」を鑑賞。その地域の日常を描いていて、登場人物の様々な感情や状況が溢れている良い作品でした。赤線や青線が、新宿ではすぐ周りにあったとか、今では信じられないです。また、パン助と呼ばれた女性たちは洋服を着ていたのですが、皮肉にも今でいうレトロファッションに近いんですよね。戦後は周りから嫌われていた彼女たちの服装が時を越えて、認識が変わっていく。そう思うのは過剰かもしれませんが・・興味深いです。今の新宿二丁目は、昔の赤線地帯で若干はその頃の建物が残っているそうです。先日仕事の帰りに御苑のキンコーズへ行った時に少し散策をしました。そう感じながら歩くのはおもしろかったです、老舗のお豆・おかき屋さんの「相模屋秋澤商店」も知ることができ店主の方にもお話を聞きました。また散歩してみようと思います。



実際の、二丁目にある建物にprocreateで絵を加えてみました。

ミニ個展について、一部を説明しました。でももともと少し闇(?)だったり過去の産物についてはすごく興味があり、調べたり多少作品に盛り込んだりはあったんです。でも向き合い方が昔の方がミーハーっぽかったというか。これらの興味が再燃するとは想像してませんでしたが、今の方が丁寧に見たい気持ちが強いです。一旦ここでお話をやめます。


改めてミニ個展の情報です:

=========================

「夏・夜・思」河原奈苗 小個展
' NATSU・YORU・OMOU '
Nanae Kawahara Mini Exhibition in Shinjuku
2020. 8/21 Fri 〜 9/2 Wed

会場: FEWMANY 新宿マルイアネックス 3F
東京都新宿区新宿3丁目 1-2-6(Googlemap
OPEN: 11:00〜20:00

■作家在廊について:ございませんがお店番をしています。
開店〜夕方まで、働いております。ご希望がございましたら、ありがたく作品解説やご購入のお品にサイン等させて頂きます。
当番日:8/30(日)・9/2(水)

■FEWMANYさんでは通販も行っております▼
ぜひご利用くださいませ。

作家より:
今年の夏は長い長い梅雨を経て、やっと日差しがという頃にはあっという間に8月。
普段通りにお出かけしたり人に会えなくて、家にこもっている間、空いた夜の時間帯に色々なものを見たり読んだりし、刺激を受け、色々なことを考えながら絵を描きました。FEWMANYさんでの展示は、2015年のグループ展以来。この機会をありがとうございます。また、個展は2年ぶり。新作イラスト作品の展示と、グッズを取り揃えてお待ちしております。
=========================

このご時世の中、見に来ていただいているお客さまや通販を利用してくださる方々に感謝をします。先日もお店にいる時に合わせてご来店されたお客さまもいました。直に作品のフィードバックをいただけたり、フランクにお話ができて嬉しいです。とっても励みになります。

次ブログを更新する時は展示終了後になりますが、当面大きなイベントがないかもしれませんが、前を向いて制作していこうと思っています。引き続き、どうぞよろしくお願い致します。




2020/08/07

EXHIBITION: 「夏・夜・思」河原奈苗 小個展

この夏、小さい規模の個展が決定しました!
急遽決まったのでドタバタしておりますが、二週間後の今日からスタートします。
新作をメインに、旧作も少しだけ持って行きます。

個展は2年ぶり!
予定していたコミティアやデザフェスがなくなり、個人制作の方はあまり手をつけておりませんでしたが、自粛期間にもらった刺激によるパワーから新しい作品とグッズを今回販売します。展示についての情報と、今回はご確認いただきたいことを以下にまとめておりますので、ご一読くださいませ。

This summer, I'm having a mini exhibition in Shinjuku, it is for two years since my last exhibition. Here are the details and points when you check the show.


=========================

「夏・夜・思」河原奈苗 小個展
' NATSU・YORU・OMOU '
Nanae Kawahara Mini Exhibition in Shinjuku
2020. 8/21 Fri 〜 9/2 Wed

会場: FEWMANY 新宿マルイアネックス 3F
東京都新宿区新宿3丁目 1-2-6(Googlemap
OPEN: 11:00〜20:00


【展示期間中ご来場される皆さまへ】

■新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マルイアネックスへご入場・滞在の際にはマスクの着用(お持ちでない場合はハンカチ等で口元をお塞ぎください)を守っていただきます。3密を避けるため店内が混み合った際には少し離れていただくなどお申し付けする場合がございます。お手数ですが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

■そのため、作家在廊は基本的にございません。
また、私はスタッフとして週に数日開店〜夕方まで、FEWMANYさんにて働いております。ご希望がございましたら、ありがたく作品解説やご購入のお品にサイン等させて頂きます。
当番日:8/22(土)・8/23(日)・8/27(木)・8/30(日)・9/2(水)

■遠方の方や今年の新型コロナウイルス感染予防のためにご来場を希望されない方々へ向けて、通信販売を行います。
こちらのリンクがFEWMANYさんの通販ページになります▼
ぜひご利用くださいませ。

また、現在「フキダシ展」を開催しているPicaresque Art Gallery(ピカレスクアートギャラリー)さんとの連携で、初日8/21(金)にInstagramにて18:30より、インスタライブ配信を予定しております。会場の雰囲気をできる限りお見せしたいと思いますので、よろしくお願い致します。


作家より:
今年の夏は長い長い梅雨を経て、やっと日差しがという頃にはあっという間に8月。
普段通りにお出かけしたり人に会えなくて、家にこもっている間、空いた夜の時間帯に色々なものを見たり読んだりし、刺激を受け、色々なことを考えながら絵を描きました。FEWMANYさんでの展示は、2015年のグループ展以来。この機会をありがとうございます。また、個展は2年ぶり。新作イラスト作品の展示と、グッズを取り揃えてお待ちしております。

=========================

TwitterとInstagramでは小出しにしておりますが、
このような感じで新作を描いています。

 



グッズは新作で、ポストカード、アクリルキーホルダー、アクリルスタンド、缶バッジ、ステッカー、クリアファイル、うちわ、トートバッグになります。新作ではありませんが、2種類ZINEも持って行きます。

New items are: Postcard, keychain, paper clip, badge, sticker, file folder, paper fan, tote bag. And also I'll bring two ZINE made last year.

ぜひ、このまま会場またはオンライン上で、よろしくお願いいたします!



2020/07/30

EXHIBITION: フキダシ展

8月〜9月に行われる企画展のお知らせです。

「ボーイズラブ展」から引き続き、Picaresque Gallery(ピカレスクギャラリー)さんにお世話になります。



この企画展でも同様、ポストカードサイズの作品が展示・販売されます。

現在コロナウイルス感染拡大予防として、直接ギャラリーへのご来場はお断りしており

作家も全員在廊はしないことになっております。

期間中は、ギャラリー店主によるオンラインツアーが行われますので

普段、首都圏に来られない方もご覧いただける形となります。

本来は直に作品をご覧いただいてが望ましいかと思われますが、

オンライン上では作品のご紹介・販売、定期的に行われる配信による作家へのインタビューやアトリエツアー、

制作を公開するなどをしてお客様に提供を行っております。

理解のほどと、ギャラリー側の試みを兼ねてみなさまにもご協力をお願いいたします。

期間中は、ぜひオンラインにて鑑賞くださいませ。


I'm joining to Fukidashi (Speaking ballon) exhibition which is opened at Picaresque Gallery in Tokyo. But now, we can't be allowed to stay at the gallery as protecting from infection by COVID-19 so the curator will show each art works via online.


The best way might be that people see the works directly, but please enjoy through the internet that is gallery's challenge in this matter.



今回は1点、展示・販売いたします。

フキダシ・・・と聞いて、話していたり主張していたりありますが、私はインナー部分を描いてみました。

ピカレスクさんの展示詳細のページには作品についての説明文もありますので、

ご都合があえばオンライン配信も合わせてぜひご覧くださいませ。


This time, I drew a piece of work. Fukidashi has speaking, appearance of opinion, several styles. I chose the feeling. There is my concepts on the gallery website, please check them with the web broadcasting!




『フキダシ「ONLINE」展』

2020. 7/30(木)19:00 〜 9/27(日)24:00

購入申し込み受付は、8/1(金)10:00〜

会場 / venue: オンライン(Picaresque Galleryによる)on the internet.


▶︎作品リスト/ List of art works: https://picaresquejpn.com/fukidashi-online-ten-2020-all-works/

▶︎配信はこちら/ Web broadcasting: 




2020/07/17

最近のものやことや、最後にちょっとおしらせ



最近部屋を片付けています。
本棚があって、むき出しの上にごちゃついているのでカーテンをつける予定でIKEAで買って潔癖性なので洗おうかと思っていても、なかなか晴れないですね・・!んああああっとなりますが、自分なりに気分転換をして過ごしています。ミッフィーというよりはディック・ブルーナさんが好きですが商品の出来で選ぶのでミッフィー棚ができています。加えて、シルバニアは部屋の奥から出てきて(昔処分する際にうさぎだけ取っておいた記憶がある・・)、ロドニーさんのイラストも好きなので昔買ってもらったサンダーバニーのぬいぐるみを並べたら、もう「うさぎ棚」です。

カーテンつけるのが楽しみで仕方ないなぁ。



自粛にともない、その間クラウドファンディングに協力をさせていただきました。
公益社団法人アニマル・ドネーション様(関連の団体様へ必要な物資の支援)、レトロ印刷JAM様の「SAVE THE JAM」プロジェクト。微力ではあるのですが、少しでもお役に立てることができますよう。

先日レトロ印刷JAM様からのリータンが届きました。
SURUTOCOさんへは行ったことはあるのですが、まだこちらで印刷をオーダーしたことはありません。印刷はどちらかというと疎いので、入門すべく。




最近買ったもの。
通販や電子系が増えた気がします。こちらはバイト先でですが・・・・
大学時代の同級生でもあり、現在は絵描き・漫画家として活躍している石井明日香さんのモノクロ画集です。昨年のInktoberでこちらのシリーズを描いていて、とても素敵だったので「本にしちゃえ!」と打診してみたら作ってくれました!青色・海のイメージが強い作家さんですが、モノクロはまた新しい雰囲気がいい感じです。




こちらは滝田ゆうさん「寺島町奇譚(全)」(Kindle)

玉の井出身の滝田さんの自伝的作品です。東京の空襲に遭うまでの人々の暮らしが描かれていて、江戸弁・東京弁というんですかね、ちょっと読めなかったり。人間模様もとても興味深く読みました。このような私娼街って今はほぼ存在しないですが(飛田新地等は別物と考えたい)、例えば今は小綺麗になった新宿や、一般の人たちも普通に暮らしている向島などに存在していたんですよね。私の母が若い頃、新宿で同僚(男性)と仕事の帰り?(取材から会社に戻る時だったかな)に歌舞伎町前の大通りを歩いていたら、街娼が同僚に声をかけてきたという話を聞いたりしました。私のバイト先は新宿なので、そのような背景を聞くととても不思議な感じがしてすごく興味が湧きます。


このようなところから最近ですね、ちょっと昭和にはまっておりまして。特に戦前〜戦後と高度成長期あたりに。前から昭和は好きなのですが(歌謡曲が好きで)、母がしてくれる話からの影響もあると思います。また、私の祖父母は昔新宿に存在していた「ムーランルージュ新宿座」出身の俳優で(のちに離婚)またまた調べていた時に存在していた位置とか全てが気になり、過去の資料を調べてみたりしています。ムーランルージュについては最近映画もあったそうなので、観てみようと思います。

フランスのムーランルージュに興味を持ったのは大学生の頃ですね。「Lady Marmalade」のカバー曲もヒットしていたし、その映画もあったし。ロートレックが好きなので調べたことがありました。実際パリに行った時は、劇場の前を見ただけで中に入らなかったけど・・・(でもこれだけでもすっごい感動した)




ところでですが、来月8月に個展があることをここでお知らせします。
以前しばらく何もないことを書きましたが、お声がけいただいて話あった結果での個展になります。状況等踏まえて「催しがあるなら行かなくては!」と出かける必要が無いようにしようと思います。お近くに用があり、マスク・消毒の万全体制でご来店いただく形で問題ありません。

場所ですが、私のバイト先です。
商業施設なので、対策等を行っていればお時間も含めて余裕でご覧いただけます。
詳細が決まりましたら、またお知らせしますね。



2020/07/10


先日から続く、九州地方、西日本で発生している大雨・洪水被害ですが、被害を受けた方々にお悔やみを申し上げます…連日ニュースを見て心苦しく思います。少しでも早く落ち着きますように、そして様々な支援が発表されており東日本に住む私も協力をさせていただきます。コロナの感染も不安ではございますが、どうかお気をつけ下さいませ。




岐阜の大垣にあります大学院で、台湾人の友人がインタラクティブアートを勉強しています。先日新一年生の作品発表があり、オンライン上で見させていただきました。また、手前にあるキリンビールのイラストはその友人の。ちょうどその日に届いた絵葉書です^^

特に学生さん、小学生から高校生も含みますが、本来であれば感染予防策なしに勉強をし、先生や友達と遊び環境を感じるのが一番いいことでしょう。特に人間はそれがとても大事です。「新しい生活」とは言いますが、状況により限度があると思います。またその前の、便利になっていった私たちの生活ですが、ここにも限度はあったのではと感じるこの頃。そうでなければ温暖化や環境問題に悩まされることが大きくならなかったのでは。

色々とむずかしく考えてしまいました。
いつもと違う今年を過ごしていて私もちょっと歪んでいるのかもしれないですね。




ナナはまた今週ずーっと寝ていました。
「私と一緒に死ぬんだからあと50年生きようね」と気持ちの悪いことをナナに吹き込んでいます(もちろん冗談です)。最近「あと25年」になりました。

今新しい制作にとりかかろうとしています。
何を描くかずっと悩んではいるのですが・・・

ではまた来週。





2020/07/03

サイトとnoteを更新しました。



本来は、オリンピックが行われるはずだった今月
か〜〜〜と思いながらも今何月かもぼやぼやしているので、
まずは先日伸び放題だった髪の毛を切ってきました。
乾きが・・・早いですね(当たり前)
そして、連日報道されている東京の数ですが、
本当にひき続き一人一人が意識を持ってご自愛くださいませ。
私も気をつけます。

Tokyo Olympics supposed to be happened this month... I don't feel it's July already, still June or ...May? My hair was quite long under declaration, so I went to a hair cut! But patients' numbers in Tokyo are getting bigger this week, be careful and take care of yourselves.


さて、数週間の間暇を見つけてはウェブサイトを整理しました。
より見やすくなったのでは、と思います。
My portfolio website has been updated!
Look forward to doing collaboration with you, and be strong in this dark year! 


私からもお願いですが、ぜひ一緒に仕事をしましょう!
今年はずっと暗いニュースが多いので・・・少しでも前向き度をあげながら
楽しい何かを提供できればと思っています。

さらに!
ポートフォリオをPDFとして、ダウンロードをできるようにしました!
ファイルのかさばり防止や、データで管理をされている方へ。
サイトにもリンク先を貼っております、ご自由にダウンロードをお願い致します。

The URL above. Download my portfolio - it's available by free, and keep it in your PC.


しばらくはイベントの出展や展示(オンラインを除く)もございません。
できるだけ皆さまが外にでないようなイベントの形が続くと思いますが
ご協力の程、よろしくお願い致します。
新作の絵やグッズも現在考えており、ウェブ系がひと段落ついたので拍車をかけることができそうです。お楽しみにしていてください^^





更新が止まっておりました、乳がんnoteですが、本日一年ぶりに更新をしました!
一年もかかってしまいました・・・思い返すといろいろありました。
久しぶりということもあり、1と2も、文章・イラストを大分書き換えました。
その点も含み、ぜひご覧ください!

【3】にゅうがんとわたし: https://note.com/nanaekawahara/n/n1b920b0ca456
にゅうがんとわたしの全体はこちら: 

現在はホルモン治療中なので、ドタバタしておりません。乳がんの治療法悶々の話というより、なるほどこういうケースもあるんだね、面白いねという感じで進めて行きます。というのは、医療科学は日々進歩をしており、ホルモン治療も以前は10年かかるところが私が受ける時は5年とかなり違ってきます。また、進歩しているというもののまだまだわからないことが多い。焦ってしまったり、不安になったり(私だって不安になります)する私たち人間の一人として、情報を共有できたらと思います。

今回の更新は、大型病院の乳腺外科に行った時の話で、まだまだ始まった段階です。
次は7月中旬を目指して更新しますね。隔週毎、または月一度の頻度でアップをしていきます。

The image is from my note, which is talking about my breast cancer. Sorry I don't supply it in English though! I want to share the feelings and knowledges for supporting people who feel nervous.




ナナも毛を刈られて、私と同じですね♪
She went to a trimming too.


2020/06/26

ボーイズラブ展一ヶ月切りました。


オンラインでの企画展「ボーイズラブ展」が、好評開催中です。
6/6(土)には、YouTube配信での解説・普段の制作についてお話をしました。また、明後日6/28(日)13:00〜14:00の間、ギャラリー店長の松岡さんによる作品紹介がInstagramライブ動画にてございます。私も視聴する予定です、ぜひお気軽にご参加ください!

The Boy's Love exhibition is ongoing! Thanks for listening my talk on YouTube, Saturday 6th June. And also the owner of gallery will introduce my works via Instagram live streaming at 13:00~14:00 on Sunday 28th June!

作品ページはこちら/Lists of works:

展示はまだ一ヶ月つづきます。実際に会場に行かない(実際には行けない)タイプの展示会は初めてで、不思議な感じがしますね。配信を通じてほぼ毎日作品紹介をして頂いているギャラリーの店長さんには本当に感謝します!

I very appreciate to the owner who introduces our works on the internet everyday. I actually feel weird joining to a show which we can't visit though, but this is special.

展示会詳細のおさらいを/Details again

『ボーイズラブ「ライブ」展』

2020. 6/4(木)〜 7/26(日)

購入申し込み受付は、6/5(金)20:00〜7/26(日)24:00を予定しています。

会場 / venue: オンライン(Picaresque Galleryによる)on the internet.


▶︎展示について/ About: https://picaresquejpn.com/boyslove-live-ten-2020/

▶︎作品リスト/ List of art works: https://picaresquejpn.com/boyslove-live-ten-2020-all-works/

▶︎配信はこちら/ Web broadcasting: https://picaresquejpn.com/boyslove-live-ten-2020-all-streaming/






自粛の期間があったせいで、今月はもう6月なんだ!という気持ちですが、みなさんはいかがですか?緊急事態宣言が解除されたことにより今月から少しお出かけが増えた方もいるのではないでしょうか。私は週2のバイトが新宿なのですが、そこと自宅の行き来しかありません・・・あまりにも未知なので様子を伺いながらですね。出展イベントですが、まだ様子をみさせていただきます。11月にデザフェスがあり、5月の繰り越しがあるので出れることにはなっているけど今年いっぱいどうなるんでしょう。美術館に行く予定があるんですが、訪問の予約を早くしないとあっという間に時もすぎてしまうし。うーん、なんか暗い話になってしまいますね!


↓ こちらかわいくないですか?



SUZURIでマルチクリアケースが出たので、私も試しに頼んでみました。
これは自分のグッズストックとしてとっておいて、好きな作家さんのを買って普段使ってみたいです。特に自粛期間中は、たくさんご購入頂いてとても感謝をしております。注文して2週間くらいお時間を頂いてしまうのですが、すぐにご用意できる自分のショップとは違うということでSUZURIにある私の作品も楽しんでください。また新しいイラストを制作する予定です。

商品はこちらから:

Yay! I think this items are really cute, these are available on SUZURI (my page: https://suzuri.jp/nanaekawahara). I'm really pleased that people bought my items on SUZURI during staying home in May, I would update new things soon!

2020/06/12

オンライン展示・配信・POP職人



先日は、ボーイズラブ展および「ボーイズラブ「ライブ」展」作品解説や制作についてお話する配信でした。男性が主体なので、男性の作品がもちろん多い中、女性を描いている唯一の作家は私です。ピカレスクさんの展示作品一覧ページ・作品解説でも綴っていますが、好きなものに夢中になる楽しさをポップに描いた作品が「ビーエルドクショ」という作品。BLといえば男性の同性愛ともうひとつ「腐女子」思いつくのでは、という少し偏見を含みますがそれを前向きに捉えています。その女性が読んでいる本の登場人物が2作品目の「フレンド」で、男性同士・同性愛(または異性愛)・恋愛以外に、人間が生きている中である人間同士の協力や支え合いという関係性を描いたのがこちらです。

オンラインとはいえ、人前で話すことは変わりないので少し緊張しました。
お聞きいただき、ありがとうございました。
また、Instagramでの配信もあるようです。展示自体も2ヶ月開催するので、引き続きよろしくお願い致します。
「ボーイズラブ展」詳細:







池袋マルイの、アニメガさんで飾っていただいているFree!のPOP。
先日2019年企画分が貴澄くんで終わりました。



私が新宿アルタ店で描いてた時よりまとまってきて、今回はウェイターのような格好をさせたり、決まったキャラが乾杯していたり。SNS上で祝う時はコップと一緒に描いたのをおまけにつけて投稿していました。
商品に合わせてかわいく飾ってくださったアニメガのスタッフさま、お写真を撮って下さったお客様、ありがとうございます。2020年の企画ももう発表されていて、6/30は七瀬遙の誕生日・・・その1〜2週間前には商品が発売すると思うのでまた描かせていただきます(もうすぐですね!)。本当は私も行きたいんですが、最近池袋行かないのとこのご時世でもあり、加えて家と逆方向なのでなかなかお伺いできなくて辛いです。最後に行ったのは真琴の時なのでかなり前・・・。
週二日くらいで行っている仕事先でも、POPをよく作るので普段仕事でもPOPの仕事とかないかな〜と思っております。「それっぽい」よりは「お?ちょっときになる」風なPOPですが、お気軽にご依頼お待ちしております^^


2020/06/04

EXHIBITION: ボーイズラブ展



6月より、企画展に参加いたします。
参宮橋にあります、Picaresque Gallery(ピカレスクギャラリー)さんにて
「ボーイズラブ展」が開催されます。

この企画展では、ポストカードサイズの作品が展示・販売されます。
現在コロナウイルス感染拡大予防として、直接ギャラリーへのご来場はお断りしており
作家も全員在廊はしないことになっております。
期間中は、ギャラリー店主によるオンラインツアーが行われますので
普段、首都圏に来られない方もご覧いただける形となります。
本来は直に作品をご覧いただいてが望ましいかと思われますが、
理解のほどと、ギャラリー側の試みを兼ねてみなさまにもご協力をお願いいたします。
期間中は、ぜひオンラインにて鑑賞くださいませ。

I'm joining to Boy's Love exhibition which is opened at Picaresque Gallery in Sangu-bashi, Tokyo. But now, we can't be allowed to stay at the gallery as protecting from infection by COVID-19 so the curator will show each art works via online.

The best way might be that people see the works directly, but please enjoy through the internet that is gallery's challenge in this matter.


こちらの2点が今回展示販売されます。
ボーイズラブをテーマにした制作は、初めてだったのですが
私なりの観点を持ちながら楽しく描かせていただきました。
ピカレスクさんの展示詳細のページには作品についての説明文もありますので、
ご都合があえばオンライン配信も合わせてぜひご覧くださいませ。


These are the works, and it was very first time to draw this theme 'Boy's Love' so I tried with my own vision. There is my concepts on the gallery website, please check them with the web broadcasting!


『ボーイズラブ「ライブ」展』
2020. 6/4(木)〜 7/26(日)
購入申し込み受付は、6/5(金)20:00〜7/26(日)24:00を予定しています。
会場 / venue: オンライン(Picaresque Galleryによる)on the internet.

▶︎展示について/ About: https://picaresquejpn.com/boyslove-live-ten-2020/
▶︎作品リスト/ List of art works: https://picaresquejpn.com/boyslove-live-ten-2020-all-works/
▶︎配信はこちら/ Web broadcasting: https://picaresquejpn.com/boyslove-live-ten-2020-all-streaming/



2020/05/29

ステイホームイベント




緊急事態宣言が解除されて、新しい生活が早くも始まっています。
ほぼ在宅ワークですが、時々都内でお仕事をする日があるので6月に2ヶ月ぶりに電車に乗り都心へ行きます。このような状況の中、少し緊張しますが病院でも先生に言われたとおり(亡くなられた岡江久美子さんの報道で、乳がん治療・放射線治療は全く影響しないの話がこの間診察行った時に出ました。)予防をしっかりしていこうと思います。すぐには元の生活に戻れないとは思いますが、励ますこと・思いやりを持つこと・判断を持って行動することを持ちながら乗り越えていきましょう。







5月17日は本来COMITIA 132が東京ビッグサイトで開催される予定でした。
コミティア実行委員会ではオンライン上でのイベント開催「エアコミティア」を開催し、私も積極的に参加しました。デザフェスもコミケもエアイベントを行っておりました、私は実際の作品をご用意していなかったのでデザフェスの方は不参加でした。デザフェスでもよかったのですが、やはり同人イベントだからでしょうかコミティアの方が誰でも参加しやすいということで初めて「エアスケブ」をTwitterで受け付けました。





エアスケブ。スケブはスケッチブックの略称で(スケベではない)、イベントで作家さんに即席でリクエストをするものです。各自スケッチブックを持っていて、作家さんのドローイングが溜まっていって重宝するという感じです。
一応コミティアのイベントでは版権ものが半分以下であればOKと規約があります。今回はスケブなので私の判断でなんでも受けました。







Twitterの投稿ではツリーで描いたスケブをアップしています。
最後はどんな風に描いたか、タイムラプスを入れて。
とても楽しかったです。似顔絵もですが、即興ものは一枚じっくり描くとは違う脳の使い方をするので面白いです。オンライン上でたまにはこういう企画もいいかもしれないですね!
リクエストを送ってくださったみなさまには、感謝します。ありがとうございました!