2019/06/14

おからだのおはなし



突然ですが、5/31に私「乳がん」と診断されました。
すでにTwitterとInstagramのストーリーでは話してはいました。
まぁー・・・話すとびっくりさせてしまうし、心配もかけてしまうので、そもそもそんなに自分の事話さないというのもあり、言おうか迷いました。


This is my announcement, I have a breast cancer. Although I already told this on my Twitter and Instagram's story though. This post I write my own language, I try to translate for you a little bit. (Hoping the web tool of translation will be worked!!) Actually my feeling is OK :)



なぜ話すことに切り出せたか。


親族に乳がんがいたのでいつかは自分にも来ると覚悟はしていました。今年1月末にしこりがあることに気づき、覚悟をしていたとはいえ正直驚きますし多少の不安は出ました。その際、インターネットで検索したのです。そうしたらブログ書いている方を結構見つけて、早くて20代でがんになる方もいるんですね・・・治療を受けているとはいえショックでした。


とりあえず、個人の病院へ触診と超音波検査(エコー)を受けたら、大型病院の専門科へ行ってくださいと言われ翌日紹介された病院へ。そしてマンモグラフィー、超音波検査をし、しこりの細胞検査を受けました。この時の結果では、良性で乳腺の筋腫とのことで3ヶ月ごとに状態を確認していきましょうとなりました。この時点では周りには会う時やLINEした時に「しこりできちゃったよ〜」という程度でした。

3ヶ月経ち、5月デザフェスの次の日だったんですが、再度病院へ。超音波検査でしこりが大きくなっているとのことで、まず手術をするということが決まりました。そして細胞検査よりさらに太い針で細胞を採取する針生検を行い、一週間後に結果を聞きに。


そしたら「乳がん」ということがわかりました。


なってしまったのは仕方がないことではあるんですが、心配かけるために言うことではない。だけど逆に乳がんとわかって不安を感じている方々はどうなのかと思い言うことにしました。乳がんだ、と言いましたがここで終わりにしないことです。私が公表したのはそういうことなのです。


私ですが、多少の不安はもちろんあります。
特にほとんどの女性は自分の乳房に影響があることと、治療方法によっては全身の毛が一時的ではあるが失うこと、体調や肌のことなど・・・診断されてその場で泣き崩れる方ももちろんいらっしゃいます。


でも覚悟はしていたし、診断された時は「さすがに早いぜ!」と心の中でツッコミを入れたくらいの余裕がありました(自分でもどうなのかと笑)。来週手術なのですが、担当医の先生が私の年齢と仕事の状況を考えてかなり優先的に事を運んでくださっていて本当に感謝をしています。私があまりにあっけらかんとしているので、本当に大丈夫かと診療の際に何度も確認してくださいます・・・こんな性格で逆にすみません(汗)。


そしてですね、最近「note」https://note.mu というウェブサービスに登録しましてですね。乳がんのお話をここで書いて行きます。今週末にはどしどし投稿していけると思います。以前からnoteを使ってみたいなと思っていたんですが、どう使うかわからなかったんです。そして今回乳がんになったことと同時期にnoteを使っているクリエイターさんに会ったことなどが上手く重なり、使うことに決めました。


私のnoteはこちらです:
https://note.mu/nanaekawahara
なぜここと分けたかの理由もプロフィールに書きました。



とりあえずポートフォリオサイト内では話していなかったので、話しました。びっくりさせてしまったらごめんなさい。
仕事は引き続き受け付けてますので、ご遠慮なくお問い合わせください。お待ちしております〜^^ 実際お金もいろいろとかかりますので・・・笑。グッズもたくさん買ってくださいまし。
ぜひ興味を持って乳がんのお話を聞いていただけると幸いです!


I wrote about my cancer here, and my feeling is exactly fine! Why I show this, because my experience will support people who have breast cancers. Every women feel fears when they have female disease, but it'll be better for their feelings if we share the information and experiences. So I decided to announce my situation.

Well, I'll draw like the illustration essay (manga style) on web service in Japan called 'note' https://note.mu , sorry it's only for Japanese though. And I continue my activities - COMITIA, events and also exhibitions. works too! Please don't hesitate for contact, feel free! Thanks.